読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

artoyのブログ

アートイ社ふんわりブログ

あぁ、反省。。でもありがとう。

先日かなり久々に『プライベートな』大阪を友人と楽しんできた。



いつもは『仕事な』関西では、
知らない場所を道に迷いつつあちこち歩いたり、
ミスをしたくない気張りで、
ココロから楽しむことはかなり少ない。

なので、オフはかなり気を緩め、
小春日和の大阪に胸躍らせ、電車内での会話も自然と弾む。
あれだけ回数行っている大阪でも、
観光となると話は別でガイドブックなんぞを熟読してみたり、、。




前置きが長くなったが、
それでも自分は長野で先日『凶』を引いた身。
やってしまった。
気合いが入りすぎ朝5時半に起きて、大阪駅に着いて間もなく。



それが起きた。
改札手前。






『背中のリュックなーーーぁい!!背中かるー!!』
息をのむとはまさにこのこと。

母には恥ずかしくて話せない。

網棚に置いていたリュック【貴重品全て】が大阪駅から出発!!
リュックが飼い主からはぐれて1人ぽっち旅猿!ならぬ旅鞄!!


昨今『不審なもの』に敏感な日本、
貴重品が入っていれば出来心で拝借されても忘れた奴の自己責任しょ、
そんな冷たい世間の意見が頭の中で駆け巡る。



そこは違った、さすがニポン!!
YOUも感動するニポンの良さ!!


大阪から50分の加古川で無事リュック救出、と。
パチパチ パチパチ パチパチ
駅員さん【絶対年下の彼ら】には頭が上がらない。
テキパキとした対応や思いやりある言動。

「○分の○○駅で一旦チェックしてもらいましょう」

「お客様のカバン見つかりましたよ!」

「良かったですね!」

「○両目の○○あたりの網棚で見つけましたよ!」
【お客様なんて呼ばず、アホと呼んでおくれよ】



こんな小さな自分の大きなトラブル、
彼らの日常的仕事の一つであるかもしれないけど、
凶運が導いた強運でそのあとの旅はとても楽しんで終えられた。




日々反省、
そして感謝、
んでもって尊敬。